<< <お勧めアグリツーリズモ>オルチャ渓谷の小さな村の小麦農家で手作りのピチ/太麺パスタ♪> | main | フィレンツェから日帰り美食ツアー♪ボローニャ観光 >>
2016.02.27 Saturday

イタリアの美味しい♪オーガニック生活・小学校の給食<メニュー公開>

0
    長男と次男が通うポンテデラ市の学校給食のメニュー表です!
    ひとり1日4ユーロでめっちゃ美味しいらしい!しかも!!!!!
    ポンテデラ市公立小学校の学校給食の食材は完全にオーガニックBIOマーク
    ちなみに、今日の献立は、ピッザ・プロシュート(ハム)がメインですね!
    勿論、ピッザは給食室で作られますし、小麦粉もハムもBIO無添加食材です!
    *野菜も果物も、バナナもヨーグルトもBIOですからね!
    *小麦粉(製粉度合いが細かすぎると肝臓に負担がかかりますので学校給食では00は禁止)
    通常メニューに加え、
    ・宗教で豚肉を食べないイスラム系の子供たち用
    ・ヴェ―ガン用(ベジタリアン+卵や牛乳・蜂蜜もNG)、
    ・病み上がり用のメニューもあるんですよ!

    オーガニック生活でハムって?…と思われた方に…ご説明しましょう!
    ・ハムは、無添加VS添加物大量かのどちらかですが、おおよそ見た目でも判断がつくものです。
    ★プロシュートコットと呼ばれる(日本でよくお馴染み)ハムは、
    絶対アルタクオリタ(クオリティ高)と書かれれているコットを買う事!
    規定が違うんです。筋肉が分離されている事が見た目で確認できるでしょう。
    一方、アルタクオリタと書かれていないハムはOGM大豆製品が使われています。
    ★プロシュートクルード(生ハム)ですが、
    近所の元サラミ職人が言うには、豚は菌があるから生ハムは<しっかり塩>をする!
    減塩ハムは、月日が経っても熟成してこないから変だ変だ…といってます。
    いつまでも<しっとり>しているようですと、OGM大豆製品のコートがされている確率大です。
    ★牛のチーズは、DOPと書かれていても牛が何を食べて乳をだしているのでしょうか!
    この規定はないんですよね…。
    私たちは、牛が一体何を食べて育ったか…にもコダワリをもってオーガニック生活をしています。
    で、安心できるのは、イタリア産<羊><ヤギ>ですね。緑の大地でスクスク育っている印象です。
    チーズなら、羊チーズ(ペコリーノ)、ヤギチーズ(カプリ―ノ)
    お肉も、羊の肉、ヤギの肉なら安心できると思います。・・・ちなみに、
    私たちが勧める[食事バランス3角形のピラミッドhttp://blog.chibiitalia.com/?eid=283]では、
    お肉は毎日とる必要はありません。
    朝・昼・晩と食事をしますが、牛肉は週に1回が限度です。
    鳥・豚・魚・ヤギ・羊なども、週3回でよいものです。。。

    ・・・
    イタリアの幼稚園&小学校の学校給食は、オーガニック生活をする私たちも納得のいく内容です。
    イタリアの食の安全に対する心意気です!
    アメリカがOGM製品をイタリアに入れようとしていますが…農業国の意地イタリア頑張ってほしいです。

    一方、日本は食の安全に対する意識が弱いように思います。
    ちょうど、2年前に長男が日本の幼稚園に通っていた頃、幼稚園の学校給食で
    練り製品・ウインナー・ハム・マヨネーズがあまりにも頻繁に使用されているので
    私は幼稚園の園長先生に給食について抗議にいきました…
    日本の栄養士さんは、情報が古いんです。もうちょっと勉強をしてほしいものです。
    日本では、オーガニック生活をすると…高くつきますので、なかなか難しいですが、
    練り製品や、ウインナー・ハム、マヨネーズ、ケチャップとかにはグルタミン酸や食品添加物がいっぱい!。
    日本の学校給食では、残念ながらある程度の量の食品添加物は学校給食でも使われています。
    園長先生が栄養士さんに連絡し、食品添加物について説明してもらった時には栄養士さんには規定量内と言われました…
    VSイタリアの学校給食では食品添加物《ゼロ》です。

    JUGEMテーマ:子育て日記
    コメント
    こんにちは、今日4月から小学校へ通う私の娘のことで、旦那と喧嘩してました。私は、今通っている保育園で給食の牛乳を飲ませたくなくて、子供はアレルギーだからといって除去食にしれもらってます。
    だけど旦那は小学校で一人牛乳飲まなかったらいじめられるんじゃないか?アレルギーでもないのにおまえの考えが異常なせいでいじめられたらどうする&#8265;と

    どれだけ話しても平行線だったので、今は除去食は申請すれば出来るし、アレルギーもざらにいるから、いじめられることはない!と言ったら俺とは時代が変わったんだなと納得してました。

    んー込み上げるせつなさ…。
    私は、イタリアの学校給食すごいなって思いました。こんな馬鹿げた喧嘩しなくてすむのにな…。
    ホントに日本って子供の未来考えてない。

    • あつみ
    • 2017.01.09 Monday 02:29
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    にほんブログ村
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    海外ホテル
    Booking.com
    出張・国内旅行
    出張・国内旅行
    出張・国内旅行
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM